Philosophy

クラブ運営理念

  

海を愛するものが世代や国籍を越えて集まり、関わる人々が三河湾の海洋環境を自分の大切な庭のように愛すきっかけとなる場所をつくる

 

Vison

目指していること

 

1.ヨットライフのオープン化

ヨットというものは、風を使って広大な海を自由に走らせるシンプルな移動手段であり、遊びです。いつしか、間口が狭く、敷居とハードルが高くなってしまったヨット文化ですが、「今日は天気もいいし、風も気持ちいいから、ヨットに乗ろうかな。よし、シーガルに行こう」


それくらい、ラフに、ヨットを楽しむ人が増えるといいなと思っており、狭く深く発展したヨット文化を、横に横に、広く広く、オープン化していきたいと思っています。

 

2.遊び場としての三河湾の再提案

三河湾は知多半島と渥美半島に囲まれた温暖で静かな湾で、島々もあり、ヨットを楽しむのに最適な環境です。
それなのに、遊ぶ場所の対象としてはあまり注目されておらず、県民でさえ、西尾や蒲郡の温泉の存在や、愛知に離島があるのを知らないという声さえあります。
ヨットを起点に海の遊び場としての三河湾を再提案をしていきたいです。

 

3.あたりまえに自分ごとで考える自然共生

私たちが遊ぶフィールドは海です。

 海は今、プラスチック問題が騒がれています。もはや、浜に落ちている漂着ゴミを拾うだけでは解決していきません。

自然と共生するとはどういうことか、みんながあたりまえに自分ごとで考えて、各々が日常でアクションできるようなきっかけづくりの創出を目指します。

 

※リニューアルにあたり理念・方針・定款等を作成、改訂しました。新しくなったSeagull Yacht Clubをよろしくお願いします。